食べる 見る・遊ぶ

川越プリンスホテル、限定プラン「記念日旅」発売 オリジナルラベルの地酒でお祝い

小江戸鏡山酒造の鏡山 オリジナルメッセージボトル

小江戸鏡山酒造の鏡山 オリジナルメッセージボトル

  • 20

  •  

 川越プリンスホテル(川越市新富町)が現在、記念日を祝う宿泊プラン「記念日旅」を販売している。

「記念日旅」プランの食事

 小江戸鏡山酒造(仲町)と提携し、ラベルにオリジナルメッセージを印字した日本酒「鏡山大吟醸」(720ミリリットル)をホテル内のレストラン「和食 むさし野」の夕食の席で提供する同プラン。新型コロナウイルス感染症の影響で何もできずに過ぎてしまった大切な日をホテルでもう一度祝い、記憶に残してほしいという思いを込めた。

[広告]

 小江戸鏡山酒造は、1999(平成12)年に惜しまれつつ幕を閉じ、2007(平成20)年に地元・川越市民からの再興を望む熱い声を受け復活。現在は松本醤油商店(仲町)の敷地の一角で少量生産の酒造りを行う。

 オリジナルメッセージのラベルのデザインは4種類。直筆のメッセージをラベルに印字することができる。事前に希望を伝えれば、サプライズとして希望のタイミングに提供でき、その場で飲むことも、記念に持ち帰り家で楽しむこともできる。食事はより特別な日を楽しんでもらうため、伊勢エビ黄金焼きや日本酒鏡山を使ったアイスなどの特別メニューを提供する。

 川越プリンスホテルの広報担当は「社会人になった方や、定年退職した方、誕生日や記念日など、みんなで祝いたいことであればどんなことでも。いつもとは違う特別な場所で過ごし、地酒のラベルに思いを載せて祝うことで強く記憶に残るはず。特にコロナ禍で大切な日を祝えなかった方に、今からでも何かお手伝いができれば」と話す。

 「コロナ禍で遠出ができない今、地元の方はもちろん、隣県の方にも川越プリンスホテルで特別な日を過ごしてほしい」。同ホテルでは、お薦めの観光地、重要文化財をメインとしたオリジナルマップの準備もあり、川越観光についても案内している。「川越の商店の皆さまには、分野の違うホテルに対して快く協力していただいている。地域一丸となって川越を盛り上げていきたい」と地域への思いも語る。

 料金は1人1万5,034円~。「和食 むさし野」は水曜定休。2021年3月31日まで。