食べる 見る・遊ぶ

川越クレアモールに居酒屋「川越原人」 赤身肉とレモンサワー25種提供

「川越原人」の「原始人が食べていた肉」をイメージした赤身肉

「川越原人」の「原始人が食べていた肉」をイメージした赤身肉

  • 30

  •  

 居酒屋「川越原人」(川越市脇田町)が8月1日、川越クレアモールにオープンした。

「川越原人」25種類のレモンサワー

 同店は、店長のちゃっきーさんを中心に4人の同級生が「たくさんの人にファンになってもらえるような仕事を一緒にしたい」という思いの下、立ち上げた。

[広告]

 メニューは、「原始人が食べていた肉」をイメージし赤身肉を中心とした「豪快に食事を楽しめる」料理を提供。原人盛プレート(2,500円)など個人経営ならではのオリジナルメニューに力を入れる一方、ローストビーフ(780円)などのなじみのあるメニューも多数用意する。

 ドリンクも豊富で、25種類のレモンサワー(380円~)など「選ぶ」ことも楽しめるよう工夫を施す。

 店内を「楽しいとおいしいが共有できる空間にしたい」と親しみやすい接客を心掛けているという同店。スタッフとのコミュニケーションを楽しみに訪れるリピート客も多いという。

 新型コロナウイルス対策として席数を60席に減らし、密にならないよう間隔を空けて営業している。店舗が地階にあることから、換気には特に注意を払っている。

 営業時間は17時~24時(金曜は翌3時まで、土曜は16時~翌3時、日曜は15時~23時)。

Stay at Home