食べる 見る・遊ぶ 買う

所沢駅・グランエミオ所沢に新エリア 沿線初出店店舗多数オープン

グランエミオ所沢 セントラルプラザ

グランエミオ所沢 セントラルプラザ

  • 30

  •  

 所沢駅と同駅の駅ナカ「グランエミオ所沢」に9月2日、新エリアがオープンし、かねて進められていた所沢駅東口駅ビル計画が完了した。

所沢駅・グランエミオ所沢の新エリア

 同駅は、新たに南側に新改札と既存改札をつなぐ通路を設置。2階改札階と3階商業施設階をつなぐ吹き抜け空間「セントラルプラザ」により、ホームと改札内のコンコースの混雑緩和や、乗り換えの利便性、駅全体の回遊性を高めた。

[広告]

 新改札近くには、おむつ替えコーナーや授乳室、パウダールームなどを備えた待合スペース「とことこひろば」を新設。コンセプトは『温かみのある空間』で、木材を随所に取り入れ、円形を基調とすることで優しさを表現。小さな子どもがトコトコ歩く愛らしい姿をみんなで見守る、というコンセプトでデザインした。

 中央改札正面のセントラルプラザでは、大型ディスプレーやWi-Fiなどのデジタル設備を完備。シンボルツリーを中心に、緑あふれる線路上空に出現した公園として開放的な空間が広がる。併設するイベントスペース(45平方メートル)ではイベントや催事などを予定している。セントラルプラザに設置されるベンチには、飯能や秩父の地産木材を使い、「自然豊かな埼玉西武地区らしさを表現している」という。

 グランエミオ所沢には2018(平成30)年3月にオープンした第1期77店舗に加え、今回の第2期では48店舗が出店。周辺エリアでは最大規模のショッピングセンターとなる。今回の出店店舗の中には、西武鉄道沿線初出店が37店舗、ショッピングセンター初出店が6店舗と、地域にとって目新しい店が多く並ぶ。

 3階レストランエリア「とこテーブル」には、1971(昭和46)年創業の老舗中国料理店「北京飯店」、たる生ヱビスの全ラインアップをそろえるビアバー「YEBISU BAR」、ボリューム感のあるパンケーキで知られるハワイアンフード「Eggs’n Things Cofee」などが出店。18万冊を在庫する「TSUTAYA BOOKSTORE」では、併設するカフェ内に売り場の本を持ち込むことができ、飲食しながら購入する本を選ぶことができる。

 3階には他にも屋上庭園「とこにわ」を新設。芝生の広場やベンチなどを多数配置した。買い物客に加え、駅を利用する全ての人の憩いの場となる。所沢駅リニューアル前に展示していた鉄道モニュメント(実際に使われていたレールや枕木)の展示も復活。今後はイベント開催も予定している。

 グランエミオ所沢・総括支配人の中村泰三さんは「駅の中に開放的な空間が広がり、買い物はもちろん、憩いの場としてくつろげる施設となっている。」と、当施設の魅力を話す。「今回のグランドオープンでは地域初出店の店も多く、都心に出ずにショッピングや食事が楽しめるようになったので、ぜひ、地域の皆さまに遊びに来てほしい。」とも。

 営業時間は10時~21時(レストランは11時~22時30分)。

Stay at Home