見る・遊ぶ

小江戸川越で「茶あそび彩茶会」 手織り体験や琵琶演奏なども

過去イベントの様子

過去イベントの様子

  •  
  •  

 川越で6月9日、「茶あそび彩茶会」が開かれる。伝統文化をまちづくりに活用する目的で企画され、今回で9回目を迎える。

 当日は、六塚稲荷神社(元町)、蓮馨寺客殿(連雀町)、丹徳庭園(六軒町)など市内15カ所の会場で展開。

[広告]

抹茶席、煎茶席、お香席、手織り体験、陶器販売、琵琶演奏会など幅広い内容になっている。

 西小仙波町一丁目自治会館(西小仙波町)では琵琶奏者の仁恵衣舟さんらを招き、琵琶や邦楽演奏で語る歴史物語も予定。岡田本店畳ショールーム(三光町)では「ミステリー茶席」と題し、茶の湯に関する寸劇を鑑賞。蓮馨寺境内では手織り(機織り)体験も。丹徳庭園(六軒町)に入席すると庭園も鑑賞できる。

 担当者は「茶道の経験がなくても楽しめる。お茶を飲みながらの川越観光名所巡りをどうぞ」と呼び掛ける。

  開催時間は10時~15時(受付終了)。雨天決行。琵琶演奏の開演は13時、15時、17時。参加費は2,800円(前売り2,500円)。4枚つづりのチケットを購入し、1席1枚で好みの会に参加できる。チケットは切り離せるため、グループで利用することもできる。

  • はてなブックマークに追加