食べる 買う

川越で「KOEDO SAKE COLLECTION」 全国48蔵集まる

前回のイベントの様子

前回のイベントの様子

  • 2

  •  

 日本酒を中心に全国48蔵の日本酒を集めた有料試飲イベント「KOEDO SAKE COLLECTION 2024」が2月10日、川越プリンスホテル(川越市新富町1)で開催される。主催は地酒などを扱う酒販店「マツザキ中福店」(川越市中福)。

[広告]

 開催は4回目で、コロナ禍以降では初となる。「獺祭(だっさい)」「八海山」「真澄」「出羽桜」「天狗舞」などのよく知られる蔵から、「鍋島」「稲とアガぺ」「仙禽(せんきん)」「赤武(あかぶ)」などの個性的な蔵まで、全国から48蔵が集まる。飲み放題の会場内には日本酒の他にも、焼酎やワイン、ビール、同社武蔵野蒸留所による川越発クラフトジン「棘玉(読み)」も出店。軽食も販売する。

 同イベントで、各蔵元のイベント出店を調整した同社の松崎雄大社長は「品評会向けの酒造りに取り組む2月に、これだけの顔ぶれの酒蔵が川越に集結するのは異例。全国から各蔵元に川越に集結してもらうことで、日本の『SAKE』を世界に発信していきたい」と意気込みを見せる。

 開催時間は、第1部=12時~14時30分、第2部=16時~18時30分。入場料は、前売り=4,500円、当日=5,000円。入場券は同社各店店頭とオンラインで扱う。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース