食べる 見る・遊ぶ 買う

「小江戸蔵里」が10周年誕生祭 川越の名産品が当たる抽選会も

「小江戸蔵里」生誕祭・抽選会の様子

「小江戸蔵里」生誕祭・抽選会の様子

  • 28

  •  

 川越市産業観光館「小江戸蔵里」(川越市新富町)の10周年誕生祭が11月7日、始まった。新型コロナウイルス感染症対策のため今年は生誕祭の規模を縮小し、イベントは抽選会のみの実施となる。

「小江戸蔵里」生誕祭・抽選会の様子

 例年10月に行われる生誕祭だか、同施設がコロナ対策のため換気工事や空気清浄機の新設などを行い10月に再オープンした関係で、今年は1カ月遅れの開催となった。

[広告]

 抽選会の賞品は、特賞ギフト券のほか、昭和蔵賞の「埼玉の地酒5本セット」、くらづくり本舗賞の「福蔵」など、川越や埼玉の名産品を用意する。期間中、同施設で1,000円の買い上げごとに応募用紙を配布。必要事項を記入し、施設内の投票箱に投入することで応募できる。

 同施設の指定管理者「まちづくり川越」イベント・広報チーフの恩田美也子さんは「蔵里が10年目を迎えた。これまでいろいろな局面があったが、その度に地域の皆さまや観光に来るお客さまに支えられて乗り越えてきた。コロナの感染予防対策の徹底もしかり、これからも利用いただく皆さまの信頼を高めていけるように頑張りたい」と話す。

 誕生祭の抽選会では毎年アンケートを行っており、利用者の意見を直接聞く機会となっている。「喜んでいただけているところ、直すべきところ、お客さまの期待やニーズに合った展開を進めていきたい」とも。

 再オープン後は若い利用者が増えたという同施設。客層の変化に伴い、土産処「明治蔵」では、パッケージにキャラクターが描かれた商品や、見た目のデザイン性が高い商品の取り扱いに注力している。

 11月からは、川越市内では同施設のみでの取り扱いとなる「鬼滅の刃プリントクッキー(炭治郎達)」「鬼滅の刃プリントまんじゅう」「鬼滅の刃苺クリーム大福」(以上864円)を販売。若者や子ども連れの利用者が楽しめる商品の取り扱いを今後も継続していくという。

 営業時間は、明治蔵=10時~18時、大正蔵=ランチ11時~15時・ディナー17時~21時(土曜・日曜・祝日は11時~21時)、昭和蔵=11時~19時。大正蔵は現在コロナウイルス感染症対策のため営業時間を短縮している。誕生祭は今月29日まで。