食べる 買う

春を告げる「芋そうめん冷やし中華」 川越「甘味茶房かすが」に早くも登場

甘味茶房かすがの団子を焼く様子

甘味茶房かすがの団子を焼く様子

  • 5

  •  

 川越の「甘味茶房かすが」(川越市幸町)が3月10日、恒例の「芋そうめん冷やし中華」の提供を始めた。

甘味茶房かすがの森田さん

 夏のイメージがある冷やし中華だが、「お彼岸で川越を訪れた際に冷やし中華を食べたい」という利用客からの要望で同店は毎年、他店より早くから提供している。暖かい日が続いたこともあり、今年はさらに例年より早く提供を始めた。「そろそろ『芋そうめん冷やし中華』を食べに行かなくては」と、常連客が訪れているという。

[広告]

 「クリームあんみつ」(720円)の店として始まった同店だが、食事の提供について必要性を感じ、「かすが弁当」(1,450円)を販売するようになった。しかし、麺類の要望が多かったことから、江戸時代に川越で盛んだったそうめんと、川越の特産品であるサツマイモを組み合わせた「芋そうめん」を提供するようになった。

 その他のメニューに、つばさ膳(980円)、芋そうめん温トマトスープ(950円)、焼き団子セット(670円~)、いもあんみつパフェ(720円)などがある。

 店主の森田藤江さんは「本当にお客さまのことを思うなら、おいしいだけでなく早く提供することも大切。そのための準備は怠らない。そして舌で覚えて帰ってもらうこと」と話す。併せて、「社員がいるから自分が生きていないといけない。みんなの生活を背負って立っている」と、コロナ禍で経営を続けていく覚悟も口にする。

 営業時間は10時30分~19時。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース