3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

川越スカラ座で弁士・伴奏付き無声映画「笑う男」 1席ずつ空けて開催へ

笑う男

笑う男

  •  
  •  

 川越スカラ座(川越市元町)で4月5日、弁士・伴奏付き無声映画「笑う男」上映会が開かれる。

伴奏付き無声映画「笑う男」

 「笑う男」は1928年のアメリカ映画。原作は、「レ・ミゼラブル」「ノートルダム・ド・パリ」などの作品で知られるヴィクトル・ユゴー。監督はドイツ出身のパウル・レニ。出演は、コンラート・ファイト、メアリー・フィルビンほか。

[広告]

 同館では2014(平成26)年から不定期で弁士・伴奏付き無声映画の上映会を開いており、今回で18回目。企画するオフィス・アゲインは、弁士の語りと和洋合奏による伴奏音楽で無声映画を広める活動を各地で行っている。弁士はハルキさん、ピアノ演奏を新垣隆さんが務める。

 同社の松田さんは「近年は韓国発のミュージカルでも話題となった物語。アメリカ無声映画最晩期の風格ある大作品をハルキさんの活弁、新垣さんの即興ピアノ生演奏で楽しんでほしい」と来館を呼び掛ける。

 16時30分開場、17時上映開始。上映時間は110分。料金は、前売り=2,100円、当日=2,600円。予約を前売りとし当日清算。全席自由席(受付順に整理番号を付し、順に入場)。当日は1席ずつ間を空けて座る。

※新型コロナウイルス感染拡大予防のため延期となりました。(開催日未定)