暮らす・働く

COEDO KAWAGOE F.Cと明治安田生命、健康増進で連携

(左から)水内猛さん(浦和レッズOB)、大石祐太選手(COEDO KAWAGOE F.C)、岸本司郎埼玉本部長(明治安田生命)、有田和生社長(COEDO KAWAGOE F.C)、佐藤文彦川越支社長(明治安田生命)、石黒光利選手(COEDO KAWAGOE F.C)、荻野信二本部長代理(浦和レッズ)

(左から)水内猛さん(浦和レッズOB)、大石祐太選手(COEDO KAWAGOE F.C)、岸本司郎埼玉本部長(明治安田生命)、有田和生社長(COEDO KAWAGOE F.C)、佐藤文彦川越支社長(明治安田生命)、石黒光利選手(COEDO KAWAGOE F.C)、荻野信二本部長代理(浦和レッズ)

  • 24

  •  

 Jリーグを目指す川越のサッカーチーム「COEDO KAWAGOE F.C」と明治安田生命が健康増進に関する連携協定を締結し、8月20日、明治安田生命川越支社(川越市脇田本町)で締結式が行われた。

[広告]

 2020年4月から「地元の元気プロジェクト」を展開している明治安田生命。今回の連携により、COEDO KAWAGOE F.Cが進める川越地域の健康増進やゴミ拾いで川越の景観を守る「COEDOクリーン活動」などの地域活性化を目的とした活動などに、明治安田生命の知見やノウハウを提供していく。

式には明治安田生命常務の岸本司郎埼玉本部長、佐藤文彦川越支社長、有田和生COEDO KAWAGOE F.C社長、浦和レッズOBの水内猛さんらが出席した。水内さんは「Jリーグを目指すクラブチームが地元にあるということはすごく夢があって良いこと。いつか浦和レッズとJ1で対戦できるとうれしい」とエールを送った。有田社長は地元の人に向けて「今後もさまざまな活動を通じて、Jリーグを目指す姿や挑戦する姿を見ていただき、皆さんに少しでも良い影響を与えていきたい。これからも引き続き応援してほしい」と話した。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース