3密を避けて新しい生活様式へ!

暮らす・働く

川越最明寺で同性結婚式 性別に捉われないLGBTウエディング

副住職の千田明寛さん

副住職の千田明寛さん

  •  
  •  

 揺光山最明寺(川越市小ケ谷)が5月、仏前式の同性結婚式を始めた。

川越最明寺で同性結婚式

 川越市では5月1日、全国の自治体で48番目となる「パートナーシップ宣誓制度」を導入。同制度は、同性カップルの存在が公に認められ、多様性を尊重する社会への取り組みの一環。

[広告]

 同寺院では市の動きに合わせ、寺院で挙げる同式をスタート。仏教では「人生の全ては縁によって成り立っている」という。仏前結婚式は寺院で当人同士が好伴侶であることを誓う儀式であるとともに、「出会えた縁を仏様に対して感謝する場」とも。

 現在の仏教は、葬儀のみに特化しているため、生きている間は寺院と関係する機会が少なく、日本は世界でも有数の仏教国だが、寺院で結婚式を挙げる方は全体の1%にも満たないという。本来の日本仏教の教えでは「寺院は生涯を通じて関わっていける場所」として活用することが求められている。多くの宗教が同性愛を認めない中、仏教は性別に捉われないという多様性を有している。「性に関係なく心のあり方次第で誰しもが幸せになれることを説くのが仏教の教え」とし、同制度に対応した式を挙げることにしたという。

 副住職の千田明寛さんは「昨今、社会全体でLGBTQの理解増進が進む中、日本の伝統寺院としても性的マイノリティーの人々と共に新しい寺づくりを進めている。仏前結婚式では指輪の代わりに念珠を用いて儀式を進める。LGBTウエディングでは、北海道の念珠店とともに考案した『レインボー数珠』を用い、着用する袈裟(けさ)も虹色の輪袈裟を用意する。

 2人だけの結婚式から大人数まで対応。「多様性を受け入れる仏教国の日本だからこそ、当時は、誰もがいつでも帰って来られる思い出の場所として、LGBTQを認めフレンドリーな寺院を目指している。プライバシーな情報はお守りするので、安心して相談を」と呼び掛ける。

 挙式料は写真撮影込み・衣装別で20万円~。