食べる

川越プリンスホテル、クリスマスケーキ予約受け付け 狭山抹茶を使った新作も

狭山抹茶と栗のリースケーキ「和(NAGOMI)」

狭山抹茶と栗のリースケーキ「和(NAGOMI)」

  •  
  •  

 川越プリンスホテル(川越市新富町)が11月1日から、クリスマスケーキの予約を受け付ける。

 今年の新作は和をイメージした緑の「~和(NAGOMI)~ 狭山抹茶と栗のリースケーキ」、おとなカワイイを追求したというピンクの「あまおうのタルト」。ほか、赤の「ノエルルージュ」と定番のいちごのチョコショートケーキ、いちごのショートケーキの全5種類を用意。

[広告]

 「~和(NAGOMI)~ 狭山抹茶と栗のリースケーキ」は、川越プリンスホテルの女性ホテリエによる企画チームが考案。日本人として慣れ親しんだ味、和の素材を使ったケーキを作りたいという思いを形にしたという。きな粉を使った生地に2種類の栗(渋皮付き栗甘露煮・栗甘露煮)を混ぜ込んだマスカルポーネのムースを載せ、狭山抹茶を使ったモンブランクリームで仕上げている。星型のチョコレートに載った小人を飾り付ける。リースに降り立ち、栗を切るというストーリーに沿ったデコレーションを施しているという。

 「あまおうタルト」は、アーモンドタルトにカスタードとイチゴジャムを重ね、あまおう、イチゴ風味のバタークリーム、フランボワーズのマカロンを飾り付ける。「ノエルルージュ」ラズベリーとホワイトチョコの2層のムース。外側はラズベリーのジュレ、ピスタチオのクリームで仕上げ、アクセントにホワイトチョコクランチ、アーモンドダイスを使っている。

 マーケティング戦略の鈴木さんは「お茶の香りときな粉の風味を楽しめる『~和(NAGOMI)~狭山抹茶と栗のリースケーキ』、写真に収めたくなるような『あまおうのタルト』と、パティシエが趣向を凝らしている。いちごのショートケーキは生クリームとスポンジでイチゴをサンド。家族、友人など、大切な人と心温まるクリスマスのひとときを演出できたら」と話す。

「あまおうのタルト」(5,400円)と「和(NAGOMI)」(5,000円)は各30台限定。「ノエルルージュ」(4,000円)は40台限定。

いちごのチョコショートケーキ(4,000円)、いちごのショートケーキ(3,800円)。

 予約は12月24日まで。川越プリンスホテル内 ロビーラウンジ(1F)。受け取り期間は12月21日~25日の営業時間(11時~18時)内。

  • はてなブックマークに追加