天気予報

27

17

みん経トピックス

川越で「パンマルシェ」川越でアイリッシュ・ダンス

埼玉・小川町で「ワイン祭」 各地からワイナリー10社出店

埼玉・小川町で「ワイン祭」 各地からワイナリー10社出店

2017年小川のワイン祭の様子

写真を拡大 地図を拡大

 埼玉伝統工芸会館(比企郡小川町)で4月28日・29日、ワイナリー着工記念として「第3回小川のワイン祭」が開かれる。主催は武蔵ワイナリー小川のワイン祭実行委員会。

 日本各地から「こだわりの」日本ワインを生み出すワイナリーが10社出店。完全無農薬のブドウ栽培からワイン醸造を行っている武蔵ワイナリーをはじめ、タケダワイナリー(山形県上山市)、Fattoria AL FIORE(宮城県川崎町)、東京ワイナリー(東京都練馬区)、ヒトミワイナリー(滋賀県東近江市)と山形県や栃木県など各県から5社が出店する。

 当日はワインと一緒に楽しめるおつまみやランチなども用意。麦雑穀工房マイクロブルワリー(比企郡小川町)、ブリスクル コーヒー ロースターズ(同)、とうふ工房水むら(小鹿野町)、寿司忠(比企郡小川町)、ブロンジェリー風の杜(比企郡吉見町)、サンファーム(朝霞市)など、埼玉県や群馬県などから多様な30店舗が出店する。

 そのほか、餅つきや「見て、聴いて、酔いしれる」をコンセプトに神谷健悟さん、鈴木C健司さんら9組のライブ演奏、ベリーダンスの10組11ステージを予定している。

 担当者は「ワイン祭りは、こだわりの日本ワインの味、武蔵ワイナリーを多くの皆さまに知ってもらいたいという思いから始まった。今年は食の安全安心についても考える機会を作りたいことから、フード出店は有機栽培や無添加の食材を使ったメニューで構成。ぜひ本物のおいしいワインの味を楽しんでほしい」と話す。

 開催時間は両日共10時~16時。入場無料。雨天決行。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング