川越で里親制度の紹介「ファミリーシップフェスタ」 紙芝居や工作教室も

橋口英二郎さんの紙芝居

橋口英二郎さんの紙芝居

  •  

 ウェスタ川越1階多目的ホールで3月21日、「ファミリーシップフェスタ」が開かれる。

 埼玉県による里親委託推進協働事業の一環。当日は、「すべての子どもに温かい家庭を」と題して、さまざまな事情から家庭で暮らすことのできない子どもたちを温かい家庭環境で育てる里親制度について紹介する。

[広告]

 メインステージでは、12時30分からDVD「この子に家庭の幸せを!里親制度を考える」を上映。13時からは橋口英二郎さんの「大型紙芝居」、にゃんたぶぅの「歌とお話し」を予定する。

 橋口さんは童心社編集部副編集長で、児童図書の編集のほか、紙芝居の講師も務めている。にゃんたぶぅは、「NHKおかあさんといっしょ」のカバーアルバムでボーカルを担当したのんたんさん、たくまんさん、俳優のもりちぃさんのユニット。

 「ハンドメイド&工作コーナー」では、フォトフレームや紙コップロケット作りを行う。「お楽しみコーナー」では、家族手形やバルーン、撮影した家族写真を進呈する「ちょいとり撮影会」を行う。「おもちゃエコバザール」では、不必要になったおもちゃを持参するとバザールポイントが得られ、ポイントを使って会場にあるおもちゃと交換できる。

 埼玉県のマスコット「コバトンとさいたまっち」も来場し、記念撮影に応じる。「里親制度紹介コーナー」では、里親制度に関する相談も受け付ける。

 開催時間は11時~15時30分。入場無料。事前申し込み不要。