学ぶ・知る

川越で「英語でニッポンを語ろう!コンテスト」 日本の素晴らしさをプレゼン

過去イベントの様子

過去イベントの様子

  •  
  •  

 ウェスタ川越(川越市新宿町)大ホールで7月6日、「英語でニッポンを語ろう!コンテスト」が開かれる。「世界に伝えたい!日本の素晴らしさ・日本の魅力」をテーマに、英語で自由に表現する同イベントは2016年から年に1度開催。今年で4回目を迎える。

 2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて、川越市は英語ボランティア活動を推進。日本の素晴らしさ、魅力を世界にアピールできる人材を育成し輩出する機会とし、一人でも多くの日本人が英語を学び、異質の文化に触れ、外国人と真の友情を育める街づくりを目指している。

[広告]

 当日は、予選審査を勝ち抜いた出場者が英語でプレゼン。世界に伝えたい日本の素晴らしさについてを表現する。

ゲストに小江戸川越観光親善大使のお掃除ユニット「CLEAR’S」、村田敏彦さんを迎え、司会を岡田眞善さんが務める。

 担当者は「大人も子どもも楽しめる英語のスピーチコンテスト。今年は俳優・岡田真澄さんのご子息、眞善さんが司会。ゲストの村田さんは、国連経済社会理事会・広報局公認 NGO・デジタルコミュニケーション観測機関(occam)国連常駐代表。そしてクリアーズを迎える。今年はどんなスピーチが飛び出すか、お楽しみに」と来場を呼び掛ける。

 開催時間は14時~17時(12時30分受付開始、13時20分開場)。

観覧対象は小学生以上。事前申し込みを行い、当日観覧した人の中から抽選で5人に賞品が当たる。申し込み受け付けは今月28日17時まで。

  • はてなブックマークに追加