見る・遊ぶ 学ぶ・知る

川越・最明寺で「ピンクリボン・フェス」 コンサートとワークショップで啓発

最明寺のライトアップ

最明寺のライトアップ

  •  

 揺光山最明寺(川越市小ケ谷)で10月27日、「Pink Ribbon Festival」が開かれる。

 NPO法人「J.POSH」のオフィシャルパートナーに参加している同寺。10月1日より世界で行われているピンクリボンの活動に賛同し、本堂を28日までピンクにライトアップしている。イベントは同活動の一環。

[広告]

 当日は境内を開放。ジャズシンガー西海絢乃さんのチャリティーコンサート、ボディーセラピスト森井さちこさんのハンドセラピーワークショップ、チョークアート・アーティスト福満ともこさんのワークショップ、ヨガインストラクター鈴木明子さんのガンサバイバー対象座禅とヨガ体験を予定している。イベントによる収益の一部はピンクリボン基金に寄付する。

 ピンクリボン活動は乳がん撲滅のための啓発活動。魅力的なイベントを行うことで多くの地域の人々に足を運んでもらい、乳がん検診の大切さを広めている。現在、全日本仏教青年会が推進する国連が定めたSDGs(17の持続可能な開発目標)の内の一つ、女性の社会進出・パートナーシップ連携を応援する運動となっている。期間中は世界中の観光名所、施設をピンクにライトアップし活動を支援している。

 副住職の千田明寛さんは「寺はどうしても死後に世話になるイメージが定着しているが、寺院本来のあり方は助けを必要としている人、困っている人たちのためにあるのが本質。日頃から多くの人が集まる寺院は啓発活動に向いている。この活動理念は仏教の根本にある慈悲の考え方にも共通することから、今回のピンクリボン運動に寺院として参加している。川越で一人でも多くの人に乳がんについて知ってもらいたく、当時にその悲しみを癒やす手助けができれば。多くの方の参加を心よりお待ちしている」と呼び掛ける。

 コンサート=12時30分開場・13時開演、参加費2,000円。ハンドセラピー=16時~18時、同3,000円(ミニボトルオイル付き)。チョークアート=16時~18時、同2,000円。座禅とヨガ=17時~19時(座禅40分、ヨガ75分)、同2,000円。完全予約制。ライトアップは28日までの毎日18時30分~22時。