ウェスタ川越で「川越の民俗芸能 新宿町囃子保存会」 伝統若狭流の披露

ウェスタ川越

ウェスタ川越

  •  

 ウェスタ川越(川越市新宿町)で2月3日、「川越の民俗芸能 新宿町囃子(はやし)保存会」が開かれる。主催はNeCST(ネクスト)。

 同イベントは「知っているようで知らない、伝統芸のいろは」を学ぶ川越市提案事業の一環で、本年度は、川越まつりでも身近な川越の民俗芸能、囃子が題材。川越では数少ない若狭流で、160年以上の歴史を持つ新宿町囃子保存会が囃子を披露する。「舞台で愉(たの)しむ、古典即興芸術の凄(すご)み。」と称し、囃子の初歩から、演奏の卓越した即興技術の妙、日本独特の「間」の美学を学ぶ。

[広告]

 13時30分開場、14時開演。入場無料。全席自由。