天気予報

13

2

みん経トピックス

川越少年少女合唱団が演奏会川越ショートフィルム授賞式

川越の和菓子店で「連雀町写真展」 昭和の街並みを地元民が撮影

川越の和菓子店で「連雀町写真展」 昭和の街並みを地元民が撮影

展示写真の一例

写真を拡大 地図を拡大

 川越市の和菓子店「彩乃菓」(川越市連雀町10)2階カフェスペースで6月1日、「連雀町写真展」が始まる。

 「よりディープな川越」を紹介することを目的に、散策ツアーや写真展などを行っている「小江戸川越のらり蔵り」が企画する同展。

 所沢街道沿いに発展し、今なお昭和の風情が残る「連雀町」を、市内在住のアマチュアカメラマンが、独自の視点で撮影した写真約20点を展示する。

 「小江戸川越のらり蔵り」主宰の市川嘉昭さんは「観覧は無料だが、和菓子購入またはカフェメニューの注文をしていただければうれしい。おいしい和菓子を召し上がりながら、今まで気づかなかった連雀町の風景を楽しんでいただけたら」と話す。

 開催時間は10時~17時30分。水曜定休。6月16日まで。

グローバルフォトニュース